資産運用についてはいろんな種類があり方法もそれぞれ学ぶ必要がある

不動産投資の助け

不動産投資会社の選び方

近年サラリーマンの副業としても注目されている不動産投資とは、マンションやビルの賃料収入を目的とした投資手法です。その不動産投資で重要なのは不動産投資会社選びであります。良い不動産投資会社の見極め方は、数多くの物件情報を持っていることが重要ですし、購入した後も様々なサポートを用意している不動産投資会社を選ぶことが大切です。代表的なサポートとしましては、家賃保証や滞納保証があります。万が一入居者が入らなかったり家賃が滞納されたりした場合に、賃料収入を保証してもらえるサービスです。これらはオーナーにとって非常に有難いサービスです。また賃貸管理をしてくれる不動産投資会社もありますので、物件購入から管理までフルサポートしてもらえることが不動産投資会社を選ぶ際には重要です。

物件購入・管理にかかる費用とは

不動産投資を始めるにあたっては不動産投資会社を利用するのが一般的ですが、その際にかかる費用も購入前に把握しておかなければなりません。まず不動産投資会社を通じて不動産を購入した場合には、仲介手数料が必要です。金額は購入物件の価格によって決められており、400万円を超える物件の場合は3%プラス消費税、200万円を超えて400万円以下の物件の場合は4%プラス消費税、200万円以下の物件の場合は5%プラス消費税となっております。また、管理を委託する場合は賃料の5%が手数料の相場です。不動産投資会社によっては管理委託契約を結んだ場合には、仲介手数料を安くするといった料金体系のところもあります。その他にも売買契約書に課せられる印紙代や登録免許税が必要となってきます。